10/28(日)361°アートワークスTalk「魂と表象」

10/28(日)21:00より、YouTubeLive配信とVRトークシステム「cluster」にてトークイベントを行います。
cluster.会場はこちら、YouTubeLive会場はこららです。
なおcluster.では配信終了後にアフタートークを開催します。

今回のテーマは「魂と表象」。
前回のVRイベント「人形浄瑠璃とVR」で好評だった「ヒトガタに魂を宿す方法」を拡張して、宗教・物語・SF・アート・VR(含むVTuber)等の中で

  • 魂はどのように定義されているのか
  • 魂はどのように表現されてきたか
  • 魂の定義が変化することで変わる、新しい人間関係とは

などを4名のVTuberが語ります。
「第三の皮膚」「第二の身体」としてのアバターがSFではなくなってきた今、魂の定義はこれからどうなっていくのでしょうか。

参考資料

・よーへん イントロダクション

概要

・日時: 10/28(日)21:00〜23:00
・会場: バーチャルルームサービス「cluster」会場はこちらから、YouTubeLive配信はこちらからご入場ください。cluster会場は専用アプリが必要になります
・出演者(登壇順): よーへん、僕話火乃酉、エフ、比良尾 翔
・特典: cluster会場のみ、YouTubeLive配信終了後に会場のみなさまと出演者で座談会を行います

出演者(登壇順)

  • よーへん ジャンル「現代美術・メディアアート」
  • 内容:
    イントロダクション・美術における「魂と表象」

    プロフィール:
    VRChatワールド「魂と記憶の博物館」館長(10月就任予定)。
    様々な人々やモノの「魂の記憶」を預かる博物館の館長をしている。
    様々な記憶や身体性を宿すことができるため、幅広いジャンルを扱えるのが強み。
    前回は「VRの構成要素と本質」をテーマに、哲学・身体論・工学などの分野からトークを行なった。
    今回は美術史やテクノロジーの中で、魂はどのように定義されて表現されてきたのかを考察する。

  • 僕話火乃酉(ボクワ ヒノトリ) ジャンル「架空生物学」
  • 内容:
    神話から読み解くと神々の魂

    プロフィール:
    作家志望のひよこのVtuberです!
    「小説家になろう」等で小説の投稿をしつつ動画投稿をしています!
    動画では幻獣等の「架空生物」について簡単な解説を行っています!
    好きなものは創作神話であるクトゥルフ神話、怪奇創作サイト「SCP」です!
    いつの日か新たな「現代神話」を創ることを目標に活動しています!
    神や英雄、都市伝説、幻獣、妖怪等々……
    物語に潜む架空の命、それら全てをごちゃまぜにして「架空生物」と定義し、
    それらが何故生まれたのか、どの様に姿を変え伝わってきたのか調べています!
    彼等が生まれた背景を考察することで、新しい時代の彼等を生み出す「きっかけ」を創っていきたいです!

  • エフ ジャンル「SF文学」
  • 内容:
    人間と非人間が共存する未来の家族像、結婚は「結”魂”」である

    プロフィール:
    惑星ソラリス生まれ。SFと科学で人間や社会のことを考える、フクロウのような生き物。
    SFで描かれる「意識」を持った(あるいは持っているように見える)キャラクターと人間との間に育まれる関係性に着目し、時代とともに変遷したもの、反対に、不変のものを比較しながら、これからの人間と非人間が共存する未来の家族像について考察する。

  • 比良尾 翔(ひらお しょう) ジャンル「仏教学・仏教史」
  • 内容:
    仏教と魂アレコレ

    プロフィール:
    バーチャル住職として、のんびり活動させていただいているVtuberです。
    仏教や日本の歴史の中での魂(霊魂)の捉え方を中心に、簡単にですがお話をしようと思います。

※一部でお知らせさせて頂いていました「人形浄瑠璃と魂」については、VTuberさんのご都合により延期となりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です